娘とピアノ⑤(コンクール断念の巻)

今日は娘のピアノについて。実は密かに目標にしいていた楽器店のコンクールの出場を断

念しました。今年は出れるように頑張ろうねと娘と先生、そして私も口には出さずとも、

心の中で、出れたら嬉しいな、福井県内に建てている新築一戸建てと合わせてWの喜びだな、

という気持ちを持ってやってきました。

10月の始めに申し込み用紙が届き、先生からお話がありました。4年生の部門の課題曲なら

娘でもがんばれば弾けるし挑戦してもいいのだけど、今の練習量や練習の仕方では今一つ、先生が

思っている理想には追いついておらず、コンクールにでるなら、基礎の教本がその間、疎か

になってしまい、両立するのは難しいだろうと言っていました。やはり基礎の練習が遅れ

るとコンクール以前の問題になってしまうため、出るならば、両方進めていくことが条件

になるのです。もしも出るのであれば両方をやり抜く覚悟と努力が必要です。

先生のいうことは凄くよく理解できるし、娘の今の状態だと今の練習がめいいっぱいで、

私もとても出たいとは言えませんでした。本人は自分の状態がわかっていてもいなくて

も、コンクールというだけでなんとなく出てみたいという気持ちでいました。その次の練

習がやはり、あまりいい出来ではなかったので、先生もこれでは、、という顔になり、家

で話し合うことになりました。出した答えはやめるという結果でした。

私はコンクールに出るということがこれからピアノをやっていく上でそれほど大事なこと

でなく、それよりも基礎をしっかりやり、続けていくことが今の娘にとっては重要なこと

だと思うのです。その子にはその子にあったやり方や伸ばしかたがあり、無理をして華や

かな場所にでて勝負をしなくても、もっと違う場所で闘うということを娘には気づいて欲

しくて、私の気持ちを伝えました。娘がこれからもピアノを頑張りたいという気持ちがあ

れば、娘のペースでやれることをやっていけばいいことだと思います。だからといっても

しもこの先「もう出来ない」と心から思う時が来たら、その時は「じゃあ、やめよう」と

あっさりと言える私でいたいのです。