部屋の換気をスムーズに行う

PR| リフォームするならスマシア|

最近では高気密や断熱材がしっかりと入っていて家のなかに熱や冷気こもらないようになっていますが、もう一点、住宅を快適な場所にするためには換気が不可欠です。

よく小さな窓しか取り付けていない住宅や、家のなかを空気が抜けにくいような場所に窓が取り付けられているケースを見かけますが、こうした住宅では湿気がこもりやすくなってしまい、カビやダニの温床になってしまうこともあるので注意。

換気を効率的に行うには、外気が窓から入ってきて室内を抜け、反対側の窓へ抜けてゆくといくのが理想的な形。こうした抜け方ができるようにするためには、家の東西南北に風の通り道があるのがベストなのです。

また室内では直線的に風が抜ける状態であることが好ましいのですが、難しい場合は扉を引き違いにするなどで対応すると◎。

リフォームを行う際にはこうした点にも配慮し、空気が室内に停滞しないような工夫をすることも大切。いくらデザインが良くても、結果的に快適な住宅でなければリフォームを行うメリットもなくなってしまいますよね。

コメントを残す