具体的なリフォームイメージをつかもう

大まかなメモづくりが終わったら、より具体的なリフォームイメージをつかむために情報収集を始めます。太陽光リフォーム業者に資料請求をしたり、雑誌やインターネットでの情報収集、あるいはリフォーム経験者が周囲にいる場合は参考までに体験談を聞いておくのもおすすめです。

また同時に自宅の間取り図や設計図を用意しましょう。これはやがて公務店などの業者と打ち合わせが始まった際にあると便利なもので、図面がない場合は余分な手間がかかってしまうため。
最近は耐震設計も多い新築一戸建て住宅の場合は自己管理で保管していないと図面なしで進めなければなりませんが、マンションなら普通は管理組合に設計図が保管されているはずですので、コピーをとらせてもらうといいでしょう。1枚だけでなく、数枚コピーしておくと自分たちでも間取図にいろいろと書き込みながらリフォーム計画を立てていけて便利です。

コメントを残す